国の対策

日本国内で過労によって心の病気を患う人の人数は年々増していっています。そのため、メンタルヘルスに対する対策として国は「労働者の心の健康の保持増進のための指南」を平成18年に策定しました。その至難の内容は以下のとおりです。

4つのケア

セルフケア

労働者自らが自分のストレスに気づきストレスへの対処を理解し実行する

ラインによるケア

職場の監督者が職場環境を改善し、労働者の相談に対応する

事業場内産業保険スタッフによるケア

衛生管理者や産業医などの事業内の産業保険スタッフや心療内科などの医師がセルフケアやラインケアの相談に対応したり職場環境などの改善、メンタルヘルスケア実施の企画立案、メンタルヘルスに関する個人情報を取り扱い、ネットワークの窓口になる

事業場資源によるケア

都道府県のメンタルヘルス対策支援センターや地域産業保健センター、その他の医療機関でメンタルヘルスケアの支援の行っている期間や専門化とのネットワークを形成し、活用する。

職場復帰における支援

職場復帰プログラムを策定し、体制や規程を整備し実施すること。労働者の個人情報への配慮尾帯関係者との協力と連携をする。