メンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは、心の病気どのようなものなのかについてご紹介します。

メンタルヘルスとは、心の健康の事を言います。心はいつも健康であるものだとお思いかもしれませんが、実はそうではない場合もあります。心の病気を抱えている場合です。
心の病気は精神科や心療内科で扱われる病気です。
精神科、と聞くと私たちにまったく関係ないような病気のように感じるかもしれませんが、これらは私たちや社会とのかかわりがとても大きな病気です。
日本は今長期不況にあり、世の中の仕組みや価値観が急激に変化していっています。特に倒産やリストラなどによって生活が不安定化することで多くの人たちに不安とストレスを与え、現在うつ病などの心の病気にかかる人が増加しています。
ほかにも、少子高齢化や情報化社会、競争社会や格差社会が広がっていくことで、人間関係が希薄になり、心の病気が多様化していったとみられています。

心の病気もほかの病気と同じく治療することが出来ます。カウンセリングだけでなく、最近は効果の高い治療薬も開発されてきています。
しかし心の病気には自分が病気を患っているという自覚を持たないものも多くあります。なんだか最近だるいかも、やる気が出ない、など心の病気のサインかもしれません。本人だけでなく、周囲の人間が気づいてあげることも大事です。

風邪気味かもと思ったら病院へ行くのと同じように、異変を感じたらいち早く病院へいって治療を受けることで心の健康を取り戻してください。